女性のひげを脱毛するなら

女性のひげを脱毛するなら

貴女は鼻下やあごのひげは生えていますか?もし気になるぐらい生えているひげはどのように処理いるのでしょうか?もし脱毛を!と考えているなら、永久脱毛と半永久脱毛がありますが、期間は1年〜2年程度かかると思います。費用もそれなりに脱毛なのでかかります。それでもひげを脱毛するメリットはたくさんありますよ。

 

エステサロンや医療機関(美容皮膚科)での脱毛をするほど経済的に余裕がないという女性には、抑毛効果のあるスキンケアもしてくれる「ノイス」というクリームがおすすめです。

 

しかも女性ホルモンと同じ働きをする成分が入ったクリームでスキンケアもしてくれるクリームです。でも、これだけだと毎日ひげが生えたまま会社に行かないといけない。そんなことはできない。もっと根本的な解決を!という人なら、エステサロンや美容皮膚科での光照射やレーザー照射で脱毛をしてみましょう。

 

脱毛方法は大きく分けて光脱毛、医療脱毛(医療レーザー脱毛)、針脱毛(ニードル脱毛)の3種類の脱毛があります。光脱毛は脱毛サロンで主に行われている脱毛方法で、医療脱毛は美容外科などのクリニック(医療機関)で行われています。

 

針脱毛は一部のサロンで美容電気脱毛として、また一部の病院で絶縁針脱毛として行われていますが、実施しているサロンやクリニックは少ないそうです。光脱毛は脱毛サロンで主流の脱毛方法で、黒い色に反応する光を照射して、毛根にダメージを与えてムダ毛を弱らせ細くしていく方法です。

 

サロンによってIPL脱毛、S.S.C.脱毛などちょっとした違いはあるけど、脱毛の仕組みは基本的には毛根にダメージを与えるというので同じです。次に医療脱毛ですが、クリニックで主流の脱毛方法で、医療レーザー脱毛のこと。

 

脱毛の仕組みは光脱毛と一緒だが、光脱毛よりもはるかに強いレーザーを使用するので一度の照射で毛根を破壊することができる。法律上、レーザーは医療機関のみ使用可能なので、エステサロンよりは何かあるリスクは低いと思います。

 

最後に針脱毛です。これは、光脱毛や医療レーザー脱毛よりも古くからある脱毛方法で、毛穴に特殊な針を差し込み微弱な電流を流すことで毛根を破壊する。脱毛サロンでは美容電気脱毛、クリニックでは絶縁針脱毛として行われる。とても強い痛みがあるが、光やレーザーより確実に処理できる。

 

現在では針脱毛を行っているサロン/クリニックはとても少ないそうです。なぜなら、時間はかかるし、痛いし、大変な労力がかかるわりには効率が悪いからですね。

 

⇒脱毛よりも手軽な顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?