女性の悩み上位にひげ

女性の悩み上位にひげ

とうとうというか、やはりというか、女性の悩みのトップスリーにひげが入ってきたということです。
多くの女性というか、ほとんどの女性がひげの悩みを抱えているのですね。

 

これがわかっただけでもすごいことですが、女性のひげの悩みに対処するインナーケア、ひげに直接アプローチする方法、色々と出てきているようです。
人口の半分以上が女性で、社会に進出する女性も多くなってきていることから、悩みがひげというのは改めてうなずける結果だと思います。

 

まず、なぜ女性がひげに悩みだしたのかをご説明します。
これは一番有力な説ですが、女性の社会進出に伴い、過度のストレスを過程でも社会でも通勤でも受け続けた結果である。
ということです。

 

つまり、過度のストレスが原因でホルモンバランスを崩して、ひげが生えてきた女性が悩み、なぜ自分だけ?と人と悩みを共有できない人もいるとか。

 

もちろんそうですよね。「私、ひげが生えてきた、産毛が濃くなってきたのだけど」という悩みを女性が同姓に打ち明けられるのは、よっぽどの親友です。

 

だから、過度のストレスを過度から普通、もしくはストレス発散へと変えていくのがまずは第一歩となります。ストレス発散の方法は個人差が大きいです。

 

すでにストレスだらけで心身に深い傷を負っている人もいれば、軽く運動するだけですっきりする人もいると思います。だから、自分に最適なストレス発散方法をみつけてくださいね。

 

次に食事。コンビニフードやジャンクフード、偏食をしていませんか?

 

できればホルモンバランスが崩れていますから、女性ホルモンに似た作用のあるイソフラボンを含む大豆食品を食べるのが良いです。
ただ、イソフラボンは摂取の上限値が70〜75mgで、厚労省の推奨量は1日30mgですので、コップ一杯で十分だそうです。

 

豆乳がきらい、大豆もちょっと・・・という方はサプリメントもありますので、それできっちり毎日の摂取量を飲むのも方法のひとつだと思います。
それ以外には、十分な時間と質の高い睡眠だそうです。女性は睡眠不足になると、肌荒れを起こしますよね。

 

あれと同じで、睡眠中に、肌が修復され、肌のターンオーバーで新しい皮膚が生まれ、女性ホルモンが分泌されます。
だから、アロマ芳香やハーブティーなどでリラックスして、清潔な寝具ですやすやと眠ってくださいね。

 

以上がインナーケアです。

 

ひげやその毛穴に直接アプローチする方法は、抑毛クリームやローションが一番優しいです。でも、ちょっと時間がかかります。その間は顔剃りをしますが、なるべく回数を減らす努力をしましょう。生活を変えることで、ひげの悩みはなくなりませんが、少しは軽くなるといいですね。

 

⇒女性の産毛用クリームがあるって知ってましたか?