ファンデのノリ

乾燥で肌のなめらかさがなくファンデがのらなくなった

夏場と冬場で化粧水などのスキンケアを分けて使っている方も多いのでしょうか。実は私は1年中同じ化粧水や乳液を使っていたんです。

 

20代の頃はそれでも全く問題がありませんでしたが、30代になり同じようなスキンケアで過ごしていたら、冬場のファンデーションのノリが悪くなってしまったんです。

 

もともと化粧水も乳液もさっぱりとしたテクスチャーのものが好みでした。私の冬場の肌にはさっぱり系のスキンケアではカバーしきれなかったようです。

 

リキッドとパウダーどちらも使うのですが、パウダータイプのものだとカサカサした感じの肌になってしまいました。パフのすべりも夏の時とは異なり、肌にすべらせる度にヒリヒリとした刺激をおぼえるように。リキッドですら伸びにくさを感じるようになってしましました。

 

ファンデがうまくのらないのでメイクの仕上がりも不自然に見えますし、いかにも塗ってますという印象になるのが気になります。ファンデのノリが悪いと肌の透明感が出にくくなってしまって、年齢よりも老けてみられるのが悲しいです。

 

ファンデでカバーするはずが、ノリがよくないと逆効果になることもあるんですよね。ファンデのりの良い肌にするためには、まず肌の状態を整えることが大切だと思っています。

 

 

年齢肌・・・上手くファンデがのらなくて

ファンデのノリが悪いな〜と思うことがしばしばあります。これは年齢のせいかもしれませんが日によっての差も感じていますよ。日によってファンデのノリが良いと思うときもあれば、今日はイマイチだな〜と思うこともあっていろいろです。

 

空気が乾燥しているときはさすがにファンデのノリが悪いので保湿を心がけます。保湿をすればそれなりにファンデがつくのですが、そこには少しテクニックが必要で・・・。保湿をたっぷりした直後にファンデをつけるとファンデが取れやすくなるんですね。ちょっと汗をかいたり湿気が多い場所へ行くとファンデがよれたり流れ落ちることもあります。

 

だから保湿を十分にしたらすぐにファンデをつけないで少し時間をおくといいです。私の場合は年齢肌で水分が肌に馴染むまで時間がかかるため、15分間程度はファンデをつけられません。保湿したまま手のひらで顔を押さえて、手のひらの温度で水分を肌に馴染ませると割と早く肌が良い状態になります。それが済んでからようやくファンデをつけるのです。

 

だから時間が無いときにササッとメイクをするなんて無理。若い頃ならササッと済ませられたメイクでしたが年齢肌でそれはちょっと難しいですね・・・。

 

関連ページ

生理周期に合わせてスキンケアを変える
ファンデのノリが悪くて悩んでいる人の体験談などです。
美容部員経験のあるわたしがまとめるファンデの選び方
ファンデのノリが悪くて悩んでいる人の体験談などです。